今シーズンのアウェイ最終戦!!
味スタでの東京ヴェルディ戦のプレビューです。 

◆シーズン前半戦での東京Vとの対戦
 J2 第5節 3/24(日)ポカスタ(4,851人) 晴
 徳島ヴォルティス 1‐1 東京ヴェルディ
 [得点] 
 ・54分 岸本武流(徳島)
 ・90分 李 栄直(東京V)
 


◇徳島ヴォルティス情報

◆第40節現在の成績
 19勝10分11敗 勝点67 6位
 得点:62 失点:44 得失点差:+18

◆チーム内得点ランク
10点 河田篤秀
  7点 バイス、野村直輝
  6点 清武功暉、渡井理己、岩尾憲

◆古巣対決となる徳島の選手
・杉本竜士(2011-2016年)※ユース、Jrユース出身
※松澤香輝はトップチーム所属歴は無いがJrユース出身

◆直近5試合の戦績 4勝0分1敗
 第36節H vs岡山 2-1○
 第37節A vs大宮 3-2○
 第38節H vs水戸 2-1○
 第39節A vs岐阜 7-0○
 第40節H vs横浜 0-1●


◇東京ヴェルディ情報

◆第40節現在の成績
 
 13勝13分14敗 勝点52 13位
  得点:53 失点:56 得失点差:-3

◆チーム内得点ランク
 12得点 小池純輝
   6得点 レアンドロ
   5得点 林陵平

◆古巣対決となるヴェルディの選手
・李栄直(2013-2014年)

◆直近5試合の戦績 2勝1分2敗
 第36節A vs琉球 5-1○
 第37節H vs甲府 2-1○
 第38節A vs横浜 1-2●
 第39節A vs福岡 0-2●
 第40節A vs千葉 0-0△

◆前節千葉戦のハイライト


◆前節のスタメン
GK 21 上福元直人
DF 24 奈良輪雄太
DF   2 若狭大志
DF   5 平智広
MF 20 山本理仁
MF   9 佐藤優平
MF 38 梶川諒太
MF 16 森田晃樹
MF 19 小池純輝
FW 10 レアンドロ
FW 11 ジャイルトン-パライバ

徳島に所属経験があるヴェルディの選手といえば李栄直。
シーズン前半戦での対戦でも90分に同点ゴールを決められたし、
昨年の対戦でもATにトドメとなった決勝点を決められている。

対戦相手として非常に嫌な選手であるが、
今回は北朝鮮代表に選出され不在。


◇注目点

現在13位で昇格争いにも残留争いにも絡んでいないヴェルディ。
しかし、相手の状況に関わらず、
シーズン終盤の味スタというだけで徳島サポの胸はヒリヒリと痛む。

どうしても思い出されるのが2017年の最終節。
徳島が5位、ヴェルディが6位、勝ち点は67で同じという状況で、
プレーオフ進出をかけての直接対決だった。

【2017年 第42節】


終盤に突き放されての敗戦。
千葉の驚異的なまくりもあり、プレーオフへの切符は手から滑り落ちた。

あの時の悔しさは忘れられない。徳島サポは皆そうだろう。
最高のチームのシーズンが終わった瞬間だった。

そして昨年。
シーズン途中で主力を4人引き抜かれたが、
夏に加入したウタカ、バラルの活躍で、
一時はプレーオフ圏内まで勝ち点差1まで迫ったがその後失速。

そして迎えた第38節の味スタでのヴェルディ戦に敗れ、
プレーオフ進出の可能性が消滅した。

【2018年 第38節】



思い返せば昇格を果たした2013年もアウェイ東京V戦は終盤だった。
この時はドウグラスのゴールでかろうじて引き分けたが、
プレーオフ進出に向けて厳しい足踏みとなった。

【2013年 第41節】



2013年は置いておくとしても、
リカルド体制となった2017年から3年連続で、
シーズン終盤にアウェイで東京V戦を迎える。

シーズン日程が発表された時点で重要な試合になるかと思ったが、
本当にそうなるとは!!
(ヴェルディがPO争いにもかかわらないとは思わなかったけど)

味スタでの勝利は2007年の一度のみ。完全な鬼門。
しかし、今年は岡山にも勝ったし、熊谷でも勝ったしと、
ジンクスは打ち破ってきている!!
2017年を上回る最高のシーズンを送っている今年。
味スタでの嫌な記憶を払拭するぞ!!!


2017年、第41節終了後のMIP受賞のスピーチで、
「東京で待ってます」と呼びかけた岩尾。
そこで結果を出せなかった悔しさはずっと残っているようだ。

横浜FC戦の敗戦後には少し弱気になったか、
「『是非また来てください』と言いづらい結果になっってしまった」
とコメントした。
それでも「まだ消化試合になったわけではない」と、
再び気持ちを奮い立たせた。

呼びかけられなくても最高の応援でヴェルディに勝利し、
最終節のホームでもう一度10,000人で後押ししよう!!


にほんブログ村 サッカーブログ 徳島ヴォルティスへ

↑↑↑応援クリックお願いします!